必要な書類について

審査に必要な書類として身分証明書や収入証明書類などを事前に準備しておきます。
身分証明書は運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。
また収入証明書類は勤めている人であれば源泉徴収票や給与明細書など、自営業の人であれば確定申告書などです。
消費者金融では50万円を超える借入を行う場合や他社を含めた借入の総額が100万円を超える場合に収入証明書類が必要となります。
銀行のカードローンも少額の借入であれば収入証明書類を不要とするところが一般的です。
したがって収入証明書類を事前に準備する時間的な余裕のない人は、少額の借入を検討するという手もあります。

銀行口座の開設の必要性

銀行カードローンを利用するには一般的に自前の口座開設が必要となります。
しかし、カードローンの即日カード発行を希望する人の中には事前に口座開設していない人もいます。
このような人が即日のカード発行を受けるためには、口座開設が不要な銀行カードローンを選ぶようにすればよいでしょう。

申込みの時間と在籍確認

即日のカード発行を受けるためには、審査等に必要な時間を考慮してカードローンの申込みを当日の早めにする必要があります。
また、審査には勤務先へ電話で在籍確認が行われるので、その対応もしておく必要もあります。

即日カード発行の手段

カードローンの申込み日に契約が完結して即日にカードを発行してもらうための手段としては、無人契約機や店舗内のローン契約機、テレビ電話などを利用することが一般的です。
この場合は平日だけでなく原則土・日・祝日も概ね21:00まで利用することができますが、21:00以降の深夜まで利用可能なところもあります。
このようにカード発行機器の利用可能時間が長ければ長いほどカード発行の時間帯が延長されるので、利用者の利便性が増すことになります。
また、有人の店舗でカードを発行してもらい手渡しで即日カードを受け取る方法もあります。
このような方法によれば機械の操作に不安がある人も安心して申し込みができます。
この場合、申し込みの本人が有人店舗にいる状態で本人不在の勤め先へ電話で在籍確認が行われることがあります。
但し、有人店舗を利用する場合は通常土・日・祝日の利用はできず、平日も18時頃までとなっています。
申し込み日にお金を借りたい人は受付時間に注意する必要があります。
また、住宅ローンなど他社の借入にキャッシング審査の影響が気になるならおすすめのサイトはこちら。
カードローンの利用がもたらす影響だけでなく、即日融資を受けるコツを知ることが出来るので初めて借入する方必見です。